讃岐うどん、日本を制覇しそうです。

讃岐うどん、それは昔からある香川県発症のうどんです。
その讃岐うどんがメディアの影響もあるのでしょうけれど、日本中に人気を呼ぶようになって来ました。
讃岐うどんの発症の地、香川県は降水量が少ないことで有名な県でもあります。
雨が少ないために、たくさんのため池が作られていたことでも歴史で習ったほどです。
そんな土地には、コメより小麦があっていたのです。
その結果、讃岐うどんが盛んになったと言われています。
この讃岐うどんには、余計な具はいらないのです。
俗に言うぶっけかであり、かけうどんが美味しいのです。
現在では、トッピングなる言葉がるように好きな具材が選ばれる時代になりました。
これも人気の秘密なのかも知れません。
また、関東地方から東北・北海道で食べられるような、真っ黒なしょうゆ味と違い、サラッとした塩味がなんとも言えない味を出しているのも特徴と言えるものです。
今では、日本国中でいろいろな店舗展開がされるようになって来ました。
香川文化が日本を圧倒する時代が来たのです。